今年もそろそろ海開きのシーズンですね!
コロナ自粛で、あっという間に季節は夏に
変わりましたね。

今日ご紹介しますのはこちらの本です。
『俺か、俺以外か。ローランドという生き方』
ROLAND/著 KADOKAWA 2019年
ore

ホスト界の№1帝王、ROLANDさんの本です^^
アニメや漫画の中の登場人物のような
ロングの金髪巻き髪という見た目からも
インパクトがあります。

まだ27歳という若さにも関わらず
ローランドさんの言う事は、一本筋が通っていて
とても感心してしまいます。

「見た目」や「ホスト界の帝王」という肩書、
数々の「名言」などばかりが話題となり、最初は
イロモノ扱いとしてTVに出始めた印象がありますが
優雅な立ち振る舞いや、筋の通った生き様に
同性でも見惚れてしまうのではないでしょうか。

メイプル超合金のカズレーザーさんや
マツコデラックスさんも、同じように感じます。

★ローランドさんのプロフィールから
ざっくりと紹介させていただきますね。

プロのサッカー選手を目指し、幼少期から脇目も
振らずサッカー一筋。
全寮制の帝京高校でサッカーに励んだのにも
関わらず、全国予選の決勝で敗れ、プロのサッカー
選手となる夢が絶たれてしまいます。

放心状態のまま、親や教師が進めるままに
帝京大学へと進学しますが、

やりたくもない仕事をして、日々摩耗され
つくし、歳を取っていく自分のビジョンを感じ
入学式の日に「日本一のホストになる!」と
だけ書かれた退学届けを提出。

その足で、新宿歌舞伎町のホストとなった。
という経歴の方です。

「自分で選んだ人生しか、
自分は歩めない。」

10代で、未来への不安を蹴とばすような
一見破天荒とも見える生き様に、気概を
感じます。

その後、売れなくて菓子パン1つで1日という
時代もあったそうですが、今では名実ともに
ホスト界の帝王と呼ばれる存在となりました。



彼は「言葉」を大切にしている
そうです。
同じことを伝えるにしても、伝え方一つで
印象が全く変わることを語っています。

普段自分に、相手にどれだけ思いの詰まった
言葉を投げかけているか。早く正確に伝える
だけでなく、どれだけ言葉を大切に使って
こられたのか。
生き急ぐよりも、丁寧に生きる
美学のようなものを感じました。



そして、
「自分に決して嘘はつかない」
そうです。

相手をだます嘘、汚い嘘はついても
自分にだけは決して嘘はつかない。

その言葉に、「目から鱗」とでも
言いますか、
私はものすごい衝撃を受けました。

自分とは全く真逆すぎていたので
本当に驚きました。

相手を思って、自分には平気で嘘をつくので
あー、私はずっと自分を騙してきたんだな。
と、いかに自分自身をおざなりにしてきたか
改めて考えさせられました。

ローランドさんは、お客様から
「大好きだよ」と言われると
「俺も(ローランドのこと)
大好きだよ」

と思うそうです。そのせいで誤解を生むことも
あるそうですがwwまあ、普通は相手を、と
なりますもんね。



ナルシストなほど、自尊感情が高い
ローランドさん。

それも一つの美学であり、そのことが彼の一本筋の
通った生き方を作っているのだなと感じると、
とても尊く感じました。

私が人の顔色ばかりうかがってしまうのは
HSPという気質もあるかもしれませんが

自分を欺いてきた結果、自尊感情が低くなり
何が正解か、常に周囲の意見ばかりを尊重して
しまう為なのだろうな。とこの本を通して
気づくことが出来たように思います。

気づくのがだいぶ遅くなってはしまい
ましたが、

「自分に嘘をつかない」
ことをやってみたいと思います。



周りと合わせなきゃ、空気を読まなきゃと
常々思っている方にもおススメの本です。

この本の売上金は、カンボジアの子どもたちと
東日本大震災の寄付金にあてられるそうです^^
ROLANDさんの漢気にほれぼれしますね!